2020年度 「インターンシップ」を開催しました。

2020年度 「インターンシップ」を開催しました。

egaoナースをご覧の皆さん、こんにちは。

ハートライフ病院の看護部では、令和2年7月11日(土)に「インターンシップ」を開催しました。

新型コロナウイルス感染症の第2波が心配される中でしたが、無事開催することができ、皆さんをご招待できたことにホッとしたところです。

この日は晴天にも恵まれ、気温も最高34℃!!

熱い中参加された看護学生の皆さん、ありがとうございました。

 

まず初めに、看護副部長より、病院概要についての説明と、認定看護師の職種と役割について

説明して頂きました。

次に、新人教育担当師長より、教育体制として、入職してから1年間の教育プログラムを説明して頂きました。

看護学生が、概要説明などを食い入るように聞いてくれたのが印象的で、

また月々の教育プログラムの説明がわかりやすく、1年間の教育体制の流れが

イメージしやすいとの声を頂き、嬉しく思いました。

その後、各病棟に分かれて、実際の看護を体験して頂きました。

救急外来では、ER-AideさんによるドクターCar、ラピッドCarの説明を受け、実際に車内を見学しました。

また、救急搬送された患者さんの、情報の聞き取りや、処置の流れなどの

リアルな救急体験が出来たと思います。

4階病棟(消化器外科)では、ストマの装着をし、”ボディーイメージの変化”を実体験して頂きました。

看護師は患者さんのストマ管理に対して、普段から患者さんの不安な気持ちを受け止め、メンタルサポートや皮膚ケアをすることの大切さを学びました。

3階病棟(整形・形成)では、実際に患者さんの立場になって、持続他動運動装置(CPM)の体験を行いました。

患者さんにとっては、手術は大きなイベントですが、術後は傷もあるので、痛みのコントロールと

リハビリも大変です。

術後のリハビリを体験してみました。

腕の力と、足の蹴る力も必要になります。サポートする私たちも、患者さんの回復に向けて応援してあげたいですね。

7階病棟(呼吸器・循環器)では、睡眠時無呼吸の治療に使用される、経鼻的持続陽圧呼吸療法に用いられる医療機器(CPAP)の

体験をしました。

機器の設定で、空気が勢いよく吹き付けるので、すごい圧を感じたと実際に経験した看護学生から聞かれました。

患者さんも慣れるまで、大変です。

別のグループは、手術室の一角で看護体験していたところ、隣の部屋で研修医が、CV穿刺の

トレーニングをしているところに遭遇!!

研修医のはからいで、トレーニングの様子を解説付きで見学させて頂きました。

7階病棟に併設している、心臓リハビリテーション室で訓練内容を体験してみました。

実際に、心拍数が上昇するのを、モニターで確認することが出来ました。

患者さんが、生活する上で大事な情報ですね。

担当の看護師をはじめ、PTや薬剤師、栄養士など、複数の職種が関わっており、

チーム医療を、肌で感じることが出来ましたと、看護学生から感想も聞かれました。

 

今回は、熱い中「インターンシップ」に参加頂き、ありがとうございました。

看護学生からは、「あっという間に終わって、もっと時間が欲しかった」との声を頂き

開催した私たちも、皆さんが満足して頂けたかなと、ホッとし嬉しく思いました。

コロナ禍の中で、勉強や実習にも影響が出ていると思いますが、そんな中でも、今回

当院で、看護を体験してくれたことで、もっと看護を好きになってくれたら、嬉しく思います。

今後も、学生生活において、コロナの影響は少なからずあるとは思いますが、皆さんから感じた情熱があれば

この1年乗り切って、必ずいい看護師になれると感じました。

皆さんの今後の活躍に期待していますね。

 

私たちと一緒に働きませんか?

CTA-IMAGE ハートライフ病院では共に成長できる新たな仲間を募集しています。あなたを成長させるための教育・研修体制を整え、保険適用分医療費の半額が支給される見舞金制度等の福利厚生を完備。また、プライベートを充実させる互助会活動も活発に行っています。

egaoナースカテゴリの最新記事