病院救命士の活動範囲拡大

病院救命士の活動範囲拡大

10月1日より病院救命士の活動できる範囲が拡大されます。

そのために理解しておく必要がある内容をWEBシンポジウムで参加、勉強させていただきました。

具体的に、救急救命士法の何が改正されたのかというと

救急救命士法第44条第2項(処置の場所の制限)・・

いままで救急救命士の活動できる場所は

病院に搬入するまで限定されていましたが、

今回の法改正で

「重度傷病者が病院もしくは診療所に到着し、

当該病院もしくは診療所に入院するまでの間」

に救急救命処置を実施できるとされたのです。

 

つまり

 

救急外来で働くことが認められる

 

ようになったということです。

 

 

たぶん、菅総理のお力です。

 

ただし、きちんとした院内研修を受け、

(医療安全、感染対策、チーム医療については就業前に研修が必須、救急救命処置行為に関する研修)

救命士に関する委員会を設置し、

行える救急救命処置についての事前の取り決め

行った救急救命処置の検証など

 

いろいろ準備しなければならないことがたくさんありますが、

 

大きなおおきな一歩です。

 

当院にも民間認定救命士さんは二人

民間認定のメディカルコントロール医師も在籍しており、

沖縄県内の救命士さんたちの見本となる活動

基準・規範を作っていきたいと考えています。

また仕事がふえましたが、がんばっていきましょうね!

私たちと一緒に働きませんか?

CTA-IMAGE ハートライフ病院では共に成長できる新たな仲間を募集しています。あなたを成長させるための教育・研修体制を整え、保険適用分医療費の半額が支給される見舞金制度等の福利厚生を完備。また、プライベートを充実させる互助会活動も活発に行っています。

指導医日記カテゴリの最新記事