県コロナ本部へDMAT支援

県コロナ本部へDMAT支援

県庁内に設置、運用されている新型コロナウイルス感染症対策本部の「総括情報部」には

DMATの業務調整員(ロジスティクス)による支援が必要です。

当院からも救急救命士の森元さんを院内調整をし、県庁でお手伝いをしてもらっています。

だれでもできる仕事、ではなく

災害対応、多数傷病者対応の経験のあるDMAT隊員であり

患者さんの病状、病態を把握でき、病院救急車を用いた施設間搬送の経験も豊富な

救急救命士の活動は、県にとってとても貴重な存在です。

病院の救急部門を維持しながら、県のコロナ対応のお手伝いをすること

そのためには、点として、スポットでお手伝いではなく、線としてお手伝いすることが大事と考え、

今週は、当院DMAT隊員でクラスターの起きてしまった施設、病院を担当させていただきました。

 

これだけ市中感染がひろまってしまうと、院内に感染が広がる可能性も十分にあるため

今まで以上に気を引き締めて、感染予防、対応をしていきたいと思っています。

私たちと一緒に働きませんか?

CTA-IMAGE ハートライフ病院では共に成長できる新たな仲間を募集しています。あなたを成長させるための教育・研修体制を整え、保険適用分医療費の半額が支給される見舞金制度等の福利厚生を完備。また、プライベートを充実させる互助会活動も活発に行っています。

指導医日記カテゴリの最新記事