福井大学林寛之先生 特別講演

福井大学林寛之先生 特別講演

今年も福井大学の総合診療部 林寛之先生による特別講演が行われました。

林先生といえば、北米型ER、笑いのたえない救急診療で有名なのですが、

林寛之教授
福井大学 総合診療部教授 林寛之先生

今年のテーマは

なんと

「緩和救急」


緩和救急

院内が87名、院外から26名で 113名のみなさんが参加されました。

救急なのに緩和、緩和なのに救急?

いったいどんなお話になるのかと思いましたが、

特別講演
ひきつけるプレゼンテーション

さすがです。

あっというまにたくさんの職員、聴衆の視線を集め

あっという間に、講演に引き込んでいくプレゼンテーション

Dr.H
重くなりがちな話もちょこちょこと笑いがたえないプレゼンテーション

暗くなりがちな、知ってはいるけど、

できるだけかかわらないようにしていたテーマでしたが

どうやって死ぬか、ではなく、どう生きるか、ということを

さすが圧巻の林先生のプレゼンテーション、すばらしい講演でした。

研修医の先生たちと林先生
研修医の先生と林先生ポーズ

「資料をください」と言われることはあるのですが、

資料を読んでもこの感動は、このじーんとくる想いは伝えられません。

昔、CDを買えば何回でも聞けるのに

なんで一回しか聞けない、見れない音楽のライブに

みんな行くんだろうと思っていましたが、

今回の講演を聞き、いままでの講演を思い出し、

講演会後の懇親会
懇親会でもいろいろ教えて頂きました。

そうか、生で聞くから響くんだ、

その場にいて、同じ熱量で聞くから伝わるんだ、

ということを実感させて頂きました。

自分が年をとったからか、林先生の講演がますますすごくなったからか

はわかりませんが、今回の「緩和救急」というテーマも

とても勉強になりました。

本当にありがとうございました。

またこれからもよろしくお願いいたします。

指導医日記カテゴリの最新記事