消防学校 救急科講義

消防学校 救急科講義

2年前からお引き受けするようになった、

消防学校の救急科での講義担当

たった、2コマではありますが、

循環器救急といえば、の「胸痛」「動悸」について

これから救急隊として活躍されるみなさんにお話する機会をいただけることは

非常に嬉しいことです。

今後の沖縄の急性冠症候群、不整脈の傷病者によりよい救急活動をしていただければ幸いです。

そして、講義をしながら

受講生の反応をみて、あらぁ・・ここは伝わっていないかなぁ

という漠然とした反応だけをみて、次年度へのスライドを直す

ではなく、

指導教官に迷惑をおかけしてはいるのですが、

去年から、講義のあとにアンケートをとらせていただき

改善したほうがよいことについて率直なご意見を拝聴し

ハンドアウトといわれる配布資料を

前回までの事後配布から事前配布へ

講義で話すスピードをできるだけゆっくりと

を心がけて講義をさせていただき、まずまずの高評価をいただきました。

 

ただ、アンケートに書かれている「胸痛・動機」・・

 

動機ではなく、

「動悸」なんですけどね・・

私たちと一緒に働きませんか?

CTA-IMAGE ハートライフ病院では共に成長できる新たな仲間を募集しています。あなたを成長させるための教育・研修体制を整え、保険適用分医療費の半額が支給される見舞金制度等の福利厚生を完備。また、プライベートを充実させる互助会活動も活発に行っています。

指導医日記カテゴリの最新記事