金城先生 SALT

金城先生 SALT

研修医の先生のJournal Clubが続きます。

 

今回は、金城先生が多数傷病者対応のときに行う

 

 

「SALT triage」

 

について報告しました。

 

 

今月末に行われるメディカルラリーに出場するため、練習会に参加をつづける金城先生にとって

 

STARTをするにしても、PATをするにしても、

 

医療者に比べて傷病者数が多すぎる場合、防ぎ得た災害死がでてしまうのではないか

 

蘇生困難として黒タグをつけてしまって本当によいのか・・

 

もっと救命できる手段、方法があるのではないかと、

 

 

過去のテロ対応の事例を含めて、

 

今後標準になっていく可能性の高いSALTについて報告をしていました。

 

今までのSTARTやPATの考え方が無駄になるわけでは当然なく

 

もっと救命するためのSALTトリアージが、

 

院内だけでなく、地域で広がっていくといいですね!

私たちと一緒に働きませんか?

CTA-IMAGE ハートライフ病院では共に成長できる新たな仲間を募集しています。あなたを成長させるための教育・研修体制を整え、保険適用分医療費の半額が支給される見舞金制度等の福利厚生を完備。また、プライベートを充実させる互助会活動も活発に行っています。

指導医日記カテゴリの最新記事