広島風お好み焼き

広島風お好み焼き

今までは、お好み焼きといえば、

具材を全部混ぜて、一気に焼く関西風お好み焼きが定番。

関西への出張、仕事の帰りには、最終便前に「ぼてじゅう」で、

関西風お好み焼きをたべながら反省する

のが定番でしたが、

今回、はじめて広島風お好み焼きを本場で食べることができました。

そこで、忘れないようにと、

この日記を見ていただいている、みなさんのお家でも

作り方がわかるように、写真を続けたいと思います。

 

最初は、うすーく、クレープのように、小麦粉をといたものを鉄板にしき、

その上から、たっぷりの千切りにしたキャベツともやし

さらに、天かすをのせ、メインの豚バラをのせ10分待機

 

その後に野菜ごと、きれいにひっくり返し、

手前の鉄板で焼きそばを焼きます。

焼きそばには、ちょいっと油を上からかけて、

ぎゅっ、ぎゅっと押しつぶし、焼け目?焦げ目をつけて

同じく鉄板で卵焼きを焼いた上に、焼きそばを、

さらに、お好み焼きを今度はひっくり返さず

ひょいっと乗せ、たっぷりのお好みソースとたっぷりのネギをかけて出来上がり

 

お好み焼きといえば、おたふくソースいっぱいで、

太る~~、すぐお腹いっぱいになる~と思っていましたが、

広島風のお好み焼きは

キャベツいっぱい、もやしいっぱいで

むしろなんかヘルシーフードでした。

 

ぜひみなさんも今度からは広島風を作ってみてくださいね。

 

 

でも、ホットプレートか、フライパンが二個いるなぁ

 

私たちと一緒に働きませんか?

CTA-IMAGE ハートライフ病院では共に成長できる新たな仲間を募集しています。あなたを成長させるための教育・研修体制を整え、プライベートを充実させる互助会活動も活発に行っています。

指導医日記カテゴリの最新記事