ワクチンで地域を守る

ワクチンで地域を守る

重症になった患者さんは診療するが、診断のついていない患者は他の病院で・・

入院が必要になった患者さんは診療するが、入院が必要かどうかは別の病院で判断して・・

 

いろいろな病院のスタンスが有ると思います。

 

ハートライフ病院の県内での位置づけは、軽症から中等症の入院患者さんを診療するように

と言われ、肺炎のあるコロナ患者様の治療を中心に診療をしていますが、

入院が必要にならないようにするワクチン接種の重要性を共有し、地域に協力

今回は、外科医 Kによし先生

研修医 Hんぼう先生

研修医 Mかる先生

が 中城村の集団ワクチン接種に参加してくれました。

若い方のワクチン接種が多かったこともあり

緊張して接種後に気分不良になってしまうかたも複数出ましたが、

しっかりと対応し、救急搬送に至る住民のかたはいませんでした。

コロナにかかって重症化してしまった人に治療をすることも大事

ですが、コロナにかかりにくくする、かかっても重症にならないようにすることはもっと大事

だから、ハートライフは、いままでもこれからも地域のワクチン接種に協力していきます。

私たちと一緒に働きませんか?

CTA-IMAGE ハートライフ病院では共に成長できる新たな仲間を募集しています。あなたを成長させるための教育・研修体制を整え、保険適用分医療費の半額が支給される見舞金制度等の福利厚生を完備。また、プライベートを充実させる互助会活動も活発に行っています。

指導医日記カテゴリの最新記事