病院救命士+DMATロジ

病院救命士+DMATロジ

一年以上休むことなく新型コロナウイルス対策、対応を行ってくれている沖縄県庁の大講堂に設置されている感染症対策課(統括情報部)に久しぶりにお邪魔してきました。

今回の第4波、今までで最も大きい波になっていることは県民みなさんがご存知のとおりで

各病院から、医療知識を持った職員が県にはいって調整することが必要とされていますが

どこの病院からも派遣が厳しいということで

当院からDMATの業務調整員である、Mりもと救命士を県庁に派遣し

県民のみなさんのため、コロナに罹患し、病院受診をしたいができない皆さん、入院が必要とされる方々の調整部門で勤務をしていただいております。

ドクターカーを安全に確実に、運転、運行するのは病院救命士の仕事

院内コロナ関連の会議を記録、とりまとめるのは、病院のDMAT業務調整員としての仕事

その他にもたくさんの仕事を抱えているのは知っていますが

目の前の一人、目の前の助けてを助けるためには、病院が機能していることが必須で

病院を守る、健全な運営をするためには、地域の救急体制を維持することが大事で

地域の救急医療を守るためには、県全体の医療体制が落ち着いていることが大前提です。

その幹となるところをまもってくれているのが、

当院でDMATロジとしても働く救急救命士の森元くんです。

 

 

もっともっと病院救命士の価値、必要性を高めていって下さい!!

 

ほんとうにありがとうね、これからもよろしくおねがいします!!

私たちと一緒に働きませんか?

CTA-IMAGE ハートライフ病院では共に成長できる新たな仲間を募集しています。あなたを成長させるための教育・研修体制を整え、保険適用分医療費の半額が支給される見舞金制度等の福利厚生を完備。また、プライベートを充実させる互助会活動も活発に行っています。

指導医日記カテゴリの最新記事